« 2017年5月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年2月

加瀬野 工(かせの たくみ)遺作展 準備その1

加瀬野 工(かせの たくみ)遺作展 準備その1 (覚書)

メンバー 加瀬野久志、柚木平吉、町内有志
2018/02/26 工(たくみ)氏の作品を個人で所蔵しているO宅を訪問。 作品の借用の可否を確認。
2018/02/27~
作品展の案内ページをとりあえず作成。 今後変更の可能性あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加瀬野 工(かせの たくみ)遺作展 (仮)

加瀬野 工(かせの たくみ)遺作展

開催期間----------------------------------------------

 2018年8月14日~8月19日
 午前9時~午後5時 入場無料

会場--------------------------------------------------

 玉島市民交流センター
 岡山県倉敷市玉島阿賀崎1-10-1
 

加瀬野 工(かせの たくみ)ご紹介 -----------------------

大正9年生まれ(1920年)-平成30年2月5日(97歳没)

船大工、昭和・平成の名工である。

小学校卒業後、父、加瀬野久二郎創業の加瀬野造船所にて船大工の修行を積み技術を磨く。

大東亜戦争当時は、インパール作戦に参戦し、命からがら帰還。

帰国後は再び、造船所で主たる大工として数々の機帆船の建造に携わる。

昭和30年代後半ごろから木造船が斜陽となり、需要がなくなる。

この為、船の仕事から、家屋の建築、リホーム、家具などの仕事に変わる。

そうした中、工(たくみ)氏65歳の時に、弁財船(北前舟)の模型の制作の依頼が来る。

その出来栄えは専門家を唸らせ、他に真似のできない見事な物であった。 以後20年間、木造船の模型の制作を続ける事となる。

工(たくみ)氏の多くの作品を展示したいと考えております。

どうか、友人、知人、お誘い合わせのうえご来場ください。

  

初回、展覧会打ち合わせにて 2018/02/25 ~~~~~~~~~

---------------------------------------------------------------------

以下の写真は玉島市民交流センターのロビーに展示されている客船(堀越丸)本人作

Horikosi_s



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2018年4月 »