将棋

将棋電王トーナメントの棋譜(メモ)

将棋電王トーナメントの棋譜(メモ)  (2013/11/2~11/4)

トップメニュー ==> ニコニコ動画 |  将棋電王トーナメント

ここから、全棋譜データ(CSA形式)がダウンロード可能です。 画面の”全棋譜データ(CSA形式)”をクリックしてダウンロードすれば、”tournament_csa.zip”ファイルがダウンロード出来ます。 それを解凍すれば、CSA形式でファイルが作成されます。 この棋譜を表示させるには、”Kifu for Windows”、”将棋所”、”コンピュータ将棋ソフト”のような棋譜管理ソフトが必要です。

結果は以下です。
1位:ponanza  : 毎日がEveryDay! (本人ブログ)
2位:ツツカナ   : コンピュータ将棋開発中 (本人ブログ)
3位:YSS     : YSSと彩のページ (本人ホームページ)
4位:やねうら王 : やねうらお-俺のブログがこんなによっちゃんイカなわけがない
5位:習甦

WEB上で見るにはこちら ==> 棋譜へのリンク(棋譜のみで他はありません、棋譜だけ表示します。)

●決勝(2013年11月4日):ponanza vs ツツカナ

●3位決定戦(2013年11月4日):やねうら王 vs YSS

●準決勝1(2013年11月4日):yss vs ツツカナ

●準決勝2(2013年11月4日):ponanza vs やねうら王

●5位決定戦決勝(2013年11月4日):apery vs 習甦

●5位決定戦予選1(2013年11月4日):bonanza vs apery

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第2回電王戦】コンピュータ将棋側からの目線(棋譜)1局~5局

【第2回電王戦】プロ棋士 vs コンピュータ将棋  棋譜

Kifu for Flash で再現して見れます。 第5局はGPS将棋の読み筋を入れています。

■第1局(3月23日):○阿部光瑠四段 vs ●習甦(しゅうそ)
 (解説者:阿久津主税七段/聞き手:矢内理絵子女流四段)
http://homepage3.nifty.com/KOUZAI/KIFUF125/shuso.html

習甦の竹内さんはたぶん、横歩取りになって欲しかったのだと思う。 コンピュータ側がやや不出来だった印象がある。 後は、阿部光瑠四段の発表会のようなものとも取れる。

【第2回電王戦】プロ棋士 vs コンピュータ将棋
■第2局(3/30):●佐藤慎一 四段 vs ○ponanza
 (解説者:野月浩貴七段/山口恵梨子女流初段)
http://homepage3.nifty.com/KOUZAI/KIFUF125/ponanza.html

コンピュータ将棋の歴史に新たな一ページを刻んでしまった。(初の現役プロの負け)

【第2回電王戦】プロ棋士 vs コンピュータ将棋
■第3局(4/6):●船江恒平 五段 vs ○ツツカナ
 (解説者:鈴木大介八段/藤田綾女流初段)
http://homepage3.nifty.com/KOUZAI/KIFUF125/tutukana.html

本シリーズ最高の将棋、94手目(6六銀)が最大の見所。 ツツカナの作者の一丸さんは、凄いコードを書いたね。 

【第2回電王戦】プロ棋士 vs コンピュータ将棋
■第4局(4/13):▲塚田泰明 九段 vs ▲Puella α
 (解説者:木村一基八段/安食総子女流初段)
http://homepage3.nifty.com/KOUZAI/KIFUF125/puera.html

塚田九段の無理やり入玉(某掲示板では塚田入玉)後、プエラ側も入玉、プエラには入玉後の待将棋のロジックが甘いため、塚田九段に駒を多数取り返され、持将棋成立、たぶん、継続して対局すれば、塚田が勝利と推定。(異論がある人が多いと思うが、コンピュータ将棋開発者に聞けば殆どの人がそう言うと思います)

【第2回電王戦】プロ棋士 vs コンピュータ将棋
■第5局(4/20):●三浦弘行 八段 vs ○GPS将棋
 (解説者:屋敷伸之九段/矢内理絵子女流四段)
http://homepage3.nifty.com/KOUZAI/KIFUF125/gps.html

三浦8段が言うように、まさに怪物、相撲で言えば、矢倉でがっぷり四つに組んだ瞬間、まっすぐ3歩半ほど歩いて、押し出しみたいな感じ。 探索木を参照しながら棋譜をなぞると中々、面白いです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

雑誌MAICROに柿木さんがベーシックで将棋プログラムを連載している頃からの、コンピュータ将棋ウオッチャーとしては、感慨深いものがあります。 YSSの山下さんもこの雑誌をみて、将棋プログラムを書く気になったそうです。 8ビットのPCで、ベーシックで書いてたのがなつかしいです。 雑誌を全巻もっていたのですが、何回も転勤して、無くしてしまいました、 今回、電王戦に出場したメンバーに柿木さんも、山下さんもいないのが少しさびしいですね! でも、まだ続けておられるので、今後に期待です。 5月の連休のコンピュータ将棋選手権たのしみにしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第2回電王戦】プロ棋士 vs コンピュータ将棋(4~5局)メモ

【第2回電王戦】プロ棋士 vs コンピュータ将棋(4~5局)メモ

●第4局(4/13):塚田泰明 九段 vs Puella α   紹介ページ

塚田9段が駒損を無視した入王からプエラを攻めようとするが、プエラも入玉し持将棋(プエラに入玉後のロジックなし)

●第5局(4/20):三浦弘行 八段 vs GPS将棋  分析ページ

三浦8段の矢倉をGPSが攻める展開、三浦が攻めを切らせにいくも、失敗

GPSの詳しい思考を研究したい方は以下のリンクから見れます

将棋電王戦2(先手: 三浦八段, 後手: GPS将棋) 探索木表示==>こちら

例)74手目GPSが7一飛の時、8三金(三浦の実際の手)なら607点GPS有利、8四歩打(検討陣の読み)なら663点GPS有利、GPSの本筋は、1五歩で513点GPS有利だと思います。

Denou5

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今年のコンピュータ将棋選手権(2013/5/3~5/5)のニコ生が中止、USTはある模様、西尾プロの解説聞けず残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第2回電王戦】プロ棋士 vs コンピュータ将棋(1~3局) メモ

【第2回電王戦】プロ棋士 vs コンピュータ将棋(1~3局)

■第1局(3月23日):○阿部光瑠四段 vs ●習甦(しゅうそ) 評価の推移

阿部4段の端歩が効き、習甦の攻めを切らせ作戦勝ち

■第2局(3/30):●佐藤慎一 四段 vs ○ponanza 評価の推移

ポナンザが短手数で定跡を切り、力将棋に持ち込む、ポナンザの端歩の効きが最終的に効き、二転三転した将棋を制する。 初の現役フロの負けとなり、新聞、テレビなどの大手メディアにも取り上げられる。 佐藤慎一氏のブログにも一部心無い書き込みがあり炎上。

■第3局(4/6):●船江恒平 五段 vs ○ツツカナ 評価の推移

ツツカナの攻めが切れ模様となり、船江5段の必勝の局面となったが、決め手を与えないツツカナの対応でもつれにもつれ、最後は船江5段の攻めが切れているのを見切ったツツカナが勝利。

以下に94手目の△6六銀の件が書かれています。

将棋電王戦 第3局でツツカナの指した△6六銀について | はげあたま.org

引用 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

△6六銀の問題整理 (元ねたはYSSの山下さんの掲示板)
1. △5八金▲同玉△3八角成からの挟撃形によるラッシュを仕掛けても、この瞬間が王手ではないので逆に▲2五龍!△同玉▲2六香からの7手詰み
2. それを避けるために、△6六銀で▲2五龍を消す筋を含めるのが必須
3. △6六銀▲同龍を入れた事で、△5八金▲同玉△3八角成の瞬間が△4九角からの19手詰みを見た詰めろ
4. しかし、△6六銀▲同龍を入れても同じく△3八角成の瞬間に、▲1五銀!△同玉の変化で計21手で頓死
5. ツツカナは4の変化に△6六銀▲同龍の後に気付いたため、仕方なく△4二歩

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大変見ごたえのある3局の将棋であった。 特に第2局、第3局は非常に見ごたえのある展開で面白かった。 歴史的な瞬間を生放送で観戦出来、満足。 

終盤、形勢が互角ぐらいの展開になると、PCが有力な筋を見つけ評価値が1000を超えるぐらいになると逆転はかなり難しい。  プロが楽に勝つには、序盤で駒がぶつかる前に圧勝できるような駒組み等の作戦がなにかあるかもしれない。

追記~~~~~~~~

△6六銀に対しての考察が書かれたブログがありました。 カニのブログ

追記2~~~~~~~~

電王戦第4局中継予定と第3局△6六銀について: 遠山雄亮のファニースペース

逆転に次ぐ逆転と「△6六銀」の謎 -『将棋電王戦』第三局で見えたコンピュータと人間、それぞれの弱点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GPS将棋(GPSfish 0.2.1)第2回電王戦関連イベント その2

GPS将棋(GPSfish 0.2.1)第2回電王戦関連イベント その2

先週ニコニコ生放送で電王戦関連イベントで、【電王戦記念】人類vs最強将​棋ソフト 勝てたら100万円​!ニコニコ本社で誰でもトライ​アルマッチ[3日目]迄終わりました。遂にGPSfish 0.2.1に勝利した人が現れました。(下はニコニコ動画のスクリーンショット28手目)

Gps2b

人気の女流棋士の あじあじさんの旦那様です。(画像に頭だけ見えてます)

大一番の棋譜です。下の画面のプレイをクリックすると鑑賞できます。(先手:人 後手:GPS)GPSの22手目(△6三玉)が話題になってます。

棋譜がうまく見れない人はこちらも試してみてください

一日中観戦してしまいました。  アマ棋界の有名人が続出です。 このイベント、筆力のある人なら一冊本が出せるぐらいの内容だと思います。 漫画あたりも出来そうですよね。

次回、挑戦する人の為にメモとして残しておきます。

追記>>>>

 22手目  △6三玉がネットで話題になっていました。 私のPCで21手目の状態からGPSエンジン(fish021)で分析をかけると最初のころは△6三玉でしたが3分ぐらいで他の手に変わりました。 もしかしたら対局したPCの読みが浅かったのかもしれません。

追記>>>>

4日目・5日目はPCが6コアの最新スペックになり、100万円は出ませんでしたが、非常に惜しい人が何人か出ましたので、棋譜を残しておきます。 こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GPS将棋(GPSfish 0.2.1) 第2回電王戦関連イベント その1

GPS将棋のメモ(GPSfish 0.2.1) 

先週ニコニコ生放送で電王戦関連イベントで、【電王戦記念】人類vs最強将​棋ソフト 勝てたら100万円​!ニコニコ本社で誰でもトライ​アルマッチ[1日目]がありました。 そこで、GPS将棋をダウンロードしてインストールしてみました。

GPS将棋のダウンロード場所(WINDOWS版の場合)~~~~~~~~

GPSshogi の試してみるの下のダウンロードをクリック

以下を保存しました。
Windows 32-bit インストーラー (プログラム・データ同梱)
gpsfish-20121102.1.1-win32.exeを普通に実行で終了。

将棋所のダウンロード~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

将棋GUIソフト「将棋所」のページのダウンロードをクリック

将棋所2.7.2をダウンロードをクリック
Shogidokoro.zipを解凍するだけです。Shogidokoro.exeが実行ファイル

パソコン再起動~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Shogidokoro.exeを実行~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
対局-エンジン管理-追加でGPSfishの実行ファイルを登録
(たぶんこれ C:\Program Files (x86)\gpsfish\smp\gpsfish.exe)

以上でとりあえず動きました。正解かどうかは判りません。

マシンスペック~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

i7-2700k 3.5G MEM8Gです(osはWIN7)。 GPSが動き始めると8スレッドのCPUが全て、100%になります。おそろしや。

早速対局してみました~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

但し、私の棋力は超初心者です。 nhkの将棋はよく見ますが指すことはありません。(何十年も) 1手30秒で持ち時間なしです。

27手目迄です。 普通に4間飛車です。ここまでは自分で考えて動かしました。

Gps1b

以下は考えるのが面倒になって予想手のとおりに指してみました。77手目までです。ここではGPSが優勢でしたが、次に[  78 △3六金打] で逆転し何も考えず、こちらの勝ちとなりました。”予想手”って、将棋盤のすぐしたで対局者はいつも見えてるんですけどいいんでしょうか?評価値とか読み筋は横に伸ばして見えなくしてまたけど、大丈夫なんでしょうか? ソフトの荒を突いて、100万円連発するかも知れませんね。後、対局中1回止まりました。ニコ生と同じ現象てす。明らかに、将棋所とGPSの相性が悪いと思います。思考エンジンは30秒考えて、終わっているのに、将棋所がうまく受信してないような感じです。

Gps2b

100万挑戦する人の参考になればと思います。

以下記譜を貼っておきます。

# KIF形式棋譜ファイル
# Generated by Shogidokoro
手合割:平手
先手:test1
後手:GPSfish 0.2.1
手数----指手---------消費時間--
   1 7六歩(77)    (00:01 / 00:00:01)
   2 8四歩(83)    (00:01 / 00:00:01)
   3 6六歩(67)    (00:02 / 00:00:03)
   4 3四歩(33)    (00:01 / 00:00:02)
   5 6八飛(28)    (00:02 / 00:00:05)
   6 6二銀(71)    (00:01 / 00:00:03)
   7 7八銀(79)    (00:01 / 00:00:06)
   8 5四歩(53)    (00:01 / 00:00:04)
   9 6七銀(78)    (00:01 / 00:00:07)
  10 4二玉(51)    (00:01 / 00:00:05)
  11 4八玉(59)    (00:01 / 00:00:08)
  12 3二玉(42)    (00:01 / 00:00:06)
  13 3八玉(48)    (00:02 / 00:00:10)
  14 5二金(61)    (00:01 / 00:00:07)
  15 2八玉(38)    (00:01 / 00:00:11)
  16 7四歩(73)    (00:01 / 00:00:08)
  17 3八銀(39)    (00:02 / 00:00:13)
  18 4二銀(31)    (00:01 / 00:00:09)
  19 1六歩(17)    (00:02 / 00:00:15)
  20 8五歩(84)    (00:30 / 00:00:39)
  21 7七角(88)    (00:19 / 00:00:34)
  22 1四歩(13)    (00:10 / 00:00:49)
  23 5八金(69)    (00:15 / 00:00:49)
  24 5三銀(42)    (00:01 / 00:00:50)
  25 4六歩(47)    (00:12 / 00:01:01)
  26 6四銀(53)    (00:01 / 00:00:51)
  27 5六銀(67)    (00:01 / 00:01:02)
  28 7五歩(74)    (00:30 / 00:01:21)
  29 6七金(58)    (00:32 / 00:01:34)
  30 7二飛(82)    (00:01 / 00:01:22)
  31 6五歩(66)    (00:20 / 00:01:54)
  32 7七角成(22)  (00:10 / 00:01:32)
  33 同 金(67)    (00:12 / 00:02:06)
  34 7六歩(75)    (00:18 / 00:01:50)
  35 6四歩(65)    (00:17 / 00:02:23)
  36 7七歩成(76)  (00:13 / 00:02:03)
  37 6五飛(68)    (00:13 / 00:02:36)
  38 6七と(77)    (00:17 / 00:02:20)
  39 6三歩成(64)  (00:16 / 00:02:52)
  40 同 金(52)    (00:14 / 00:02:34)
  41 6四歩打      (00:22 / 00:03:14)
  42 5三金(63)    (00:07 / 00:02:41)
  43 6七飛(65)    (00:22 / 00:03:36)
  44 7九飛成(72)  (00:08 / 00:02:49)
  45 7七飛(67)    (00:17 / 00:03:53)
  46 8九龍(79)    (00:12 / 00:03:01)
  47 7二飛成(77)  (00:12 / 00:04:05)
  48 5二金(53)    (00:18 / 00:03:19)
  49 6六角打      (00:47 / 00:04:52)
  50 7一歩打      (00:01 / 00:03:20)
  51 7五龍(72)    (00:10 / 00:05:02)
  52 4四角打      (00:20 / 00:03:40)
  53 同 角(66)    (00:14 / 00:05:16)
  54 同 歩(43)    (00:16 / 00:03:56)
  55 6三銀打      (00:11 / 00:05:27)
  56 4八金打      (00:30 / 00:04:26)
  57 7九歩打      (00:18 / 00:05:45)
  58 4九金(48)    (00:12 / 00:04:38)
  59 同 銀(38)    (00:14 / 00:05:59)
  60 9九龍(89)    (00:16 / 00:04:54)
  61 5二銀成(63)  (00:15 / 00:06:14)
  62 同 金(41)    (00:15 / 00:05:09)
  63 6三金打      (00:10 / 00:06:24)
  64 9八龍(99)    (00:20 / 00:05:29)
  65 7八歩(79)    (00:16 / 00:06:40)
  66 9九龍(98)    (00:13 / 00:05:42)
  67 5二金(63)    (00:42 / 00:07:22)
  68 4九龍(99)    (00:01 / 00:05:43)
  69 3九金打      (00:07 / 00:07:29)
  70 1七銀打      (00:23 / 00:06:06)
  71 同 玉(28)    (00:16 / 00:07:45)
  72 3九龍(49)    (00:13 / 00:06:19)
  73 4一銀打      (00:33 / 00:08:18)
  74 4三玉(32)    (00:01 / 00:06:20)
  75 2五龍(75)    (00:17 / 00:08:35)
  76 2八銀打      (00:13 / 00:06:33)
  77 2六玉(17)    (00:17 / 00:08:52)
  78 3六金打      (00:13 / 00:06:46)
  79 同 龍(25)    (00:15 / 00:09:07)
  80 2四香打      (00:15 / 00:07:01)
  81 2五金打      (00:10 / 00:09:17)
  82 同 香(24)    (00:20 / 00:07:21)
  83 同 龍(36)    (00:07 / 00:09:24)
  84 1五金打      (00:23 / 00:07:44)
  85 同 歩(16)    (00:12 / 00:09:36)
  86 1六金打      (00:18 / 00:08:02)
  87 同 龍(25)    (00:10 / 00:09:46)
  88 3五角打      (00:20 / 00:08:22)
  89 2五玉(26)    (00:16 / 00:10:02)
  90 3三桂(21)    (00:13 / 00:08:35)
  91 3六玉(25)    (00:07 / 00:10:09)
  92 3七銀成(28)  (00:23 / 00:08:58)
  93 同 桂(29)    (00:12 / 00:10:21)
  94 同 龍(39)    (00:17 / 00:09:15)
  95 同 玉(36)    (00:07 / 00:10:28)
  96 2五桂打      (00:27 / 00:09:42)
  97 4七玉(37)    (00:10 / 00:10:38)
  98 3七桂成(25)  (00:08 / 00:09:50)
  99 5八玉(47)    (00:11 / 00:10:49)
100 4八成桂(37)  (00:19 / 00:10:09)
101 6八玉(58)    (00:11 / 00:11:00)
102 5八成桂(48)  (00:01 / 00:10:10)
103 7七玉(68)    (00:11 / 00:11:11)
104 4五桂(33)    (00:04 / 00:10:14)
105 4二飛打      (00:10 / 00:11:21)
106 3三玉(43)    (00:01 / 00:10:15)
107 2二銀打      (00:09 / 00:11:30)
108 2四玉(33)    (00:01 / 00:10:16)
109 2五金打      (00:16 / 00:11:46)
110 投了          (00:01 / 00:10:17)
まで109手で先手の勝ち

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 注意

2012/03/02 第2回目の模様

11:00 2回目大会はソフトバージョンがgps(smp)r2561に変更して、コンピュータの思考部分の表示を未表示設定に変えてました。 1回よりハードルが上がった模様

14:40  ハードル上がったと思ったら下がってた。(現在2人100万ゲット) これからどうするのかな? 一人目は穴熊を端から一揆にせめてゲット、二人目は粘りに粘って入玉して勝利。 このバージョンは入玉に弱そう。 mtmtのブログでは、ソフトを前回に戻した模様。

18:00 結局、ソフトをGPSfish 0.2.1に戻して勝利者”0”でもよくフリーズしてました。最後の将棋記者の銀杏さんは、投了せずにねばり続ければどうだったのかな?

2012/3/3 第3回目の模様

あじあじのだんなさんが100万円ゲットです。ソフトは今日もGPSfish 0.2.1でした。序盤で玉が63に上がって、解説では、GPSがかなり形成が悪い状態になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2回電王戦について(メモ)

第2回電王戦について(メモ)

第2回電王戦に出場するプロ棋士5人がニコニコ生放送で昨日発表されました。
本戦はニコニコ生放送で中継されます。

3月23日 第1局 阿部光瑠四段 vs 習甦
3月30日 第2局 佐藤慎一四段 vs ponanza
4月 6日  第3局 船江恒平五段 vs ツツカナ
4月13日 第4局 塚田泰明九段 vs Puella α
4月20日 第5局 三浦弘行八段 vs GPS将棋

詳細は、ニコニコの電王戦のページを参照

ソフトの提供へのコンピュータ将棋開発者のスタンスが面白かったので、メモを残しておきます。(山崎バニラさんの質問)

習甦==>現状のソフトを貸与(本番と全く一緒ではありません。)
ponanza ==> ソフトの貸与はしません。(勝負なので)
ツツカナ ==> 1年前のバージョン貸与は可能(新版対旧版は新版の勝率約7割)
Puella α ==> 貸与してコンピュータ将棋の穴を捜す対策をするのは如何なものか。(考慮中)
GPS将棋 ==> オープンソースでいつでもダウンロード可能であるが、実質的にPc1台版となる為、実際の対戦と比較して読みの深さが4手ぐらい違うので、レーティング400以上は違うでしょう。

勝敗の行方は、このことにかなり影響しそうなんですがどうでしょうか? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第一回将棋電王戦終了(メモ)

第一回将棋電王戦が終了して一週間です。

米長邦雄永世棋聖対コンピュータ将棋ソフト:ボンクラーズの対戦は113手でボンクラーズの勝ち。

ネットでの反響の中から面白かったものを載せときます。

A級さん(ボンクラーズの作者)のブログのコメントに棋譜を貼ってくれた人がいます。評価値と分岐が入っています。(画面右が切れる場合最近のブラウザではCtrlキーと+キーで画面を広げれます。)

A級リーグ指し手1号 電王戦評価値・読み筋のコメントに棋譜を書き込んでくれた人に感謝
http://aleag.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-869d.html#comments

これが一押しのおもしろ動画です。

週アス
電王戦観戦記 ほかではあまり語られない舞台裏
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/072/72605/
PCの雑誌だけあってコンピュータ側からの視点が多いのが特徴、山崎バニラさんの綿密な取材が好感。

将棋観戦記  第一回電王戦、ボンクラーズvs米長邦雄はCOMの圧勝
http://shogiwatch.blog63.fc2.com/blog-entry-1408.html
「まるでモハメド・アリvsアントニオ猪木の戦いのようだな」など戦いの表現がおもしろい。
記事全体のまとまりがよく、新聞の記事のようです。

日刊SPA!
第1回将棋電王戦の一日を振り返る まるで巌流島の決闘
http://nikkan-spa.jp/131245 これぐらい書けてると週刊誌かっていいかな。

わーい飛車
中盤で局面がこう着状態になったときの飛車の動きを評しての渡辺竜王の発言

| | コメント (0) | トラックバック (0)

複数の棋譜をweb上で表示

複数の棋譜をweb上で表示

複数の棋譜をweb上で表示するにはたくさんの盤を表示させるか、棋譜を選んで表示させるぐらいかな?と思い、少し実験してみました。柿木の将棋ソフトウェアKifu for JavaとKifu for Flashを使用させて頂きました。

一画面にたくさん表示はこちらです。 ボンクラーズの棋譜です。

棋譜を選んで表示させるのはこちらです。(ブログ版) ponanzaの棋譜です。 直接サーバーからの表示はこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボンクラーズ対米長永世棋聖(メモ)

ボンクラーズ対米長永世棋聖

来年コンピュータ将棋と米長永世棋聖との対戦があると発表があったようだ。 そこで、対戦を楽しむための事前準備のメモを書いておきます。

ボンクラーズは第21回世界コンピュータ将棋選手権優勝ソフト。 米長永世棋聖は将棋連盟の会長で元トッププロ(現在引退棋士)。 

基本情報は以下です。

日時 2012年1月14日(土)10時開始(予定)
場所 東京・将棋会館
対局者 米長邦雄永世棋聖、将棋対局ソフトボンクラーズ(開発者:伊藤英紀氏)
解説者 渡辺明竜王 ・・・

当日はニコ生で中継もあるそうです。

米長邦雄先生のホームページでコンピュータ対戦録をチェック==>こちらから

まずは詰将棋メモから情報収集これが一番、興味があるところをよく読んどこう==>こちらから

ボンクラーズの知識を収集しておこう。

 本人のブログのボンクラーズ関連文書をチェック。

 ブログトップ A級リーグ指し手1号  

  記者会見だん  クラスタ並列始動 インサイド・ボンクラーズ ボンクラーズ、デビュー

 2011年選手権のアピール文書

 2011年選手権の棋譜をチェック 

     ======>  webで一画面で7局表示はこちら

本人はこんな感じの人(動画)

「ボンクラーズ」第21回世界コンピュータ将棋選手権~決勝前夜インタビュー

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)